あなたのリップの塗りお客セキュリティー?本当は、異なるリップの化粧戦術

いつでもうるうるな、ぷるぷるの唇って憧れちゃいますよね。
も、こんなあこがれの唇のメーキャップ技術が、本当は極めて異なるかもしれません。
お客様大いに、リップって塗りますよね。薬用だろうとカサカサしたら塗りつけるって人間多いかもしれませんね。
リップはあけて引き続き塗っていると、ダミーが乾いたり冷えたりして固まっている。
それなのにもっぱら塗ってしまうと、唇が傷ついて余計に乾燥してしまう。指などでダミーをちょっぴりといったかした後に塗りましょう。
塗り付ける道のりも間違ってはいませんか。脇に滑らせて、付けるのは過失なんですよ。
口の繊維は縦なので縦ベクトルに塗りつけるため、唇のしわの隙間にも敢然と入り奥まで肩入れが出来ます。
院内目線といった、出発目線もリップは変えたほうが良いです。UVに当たるのに院内と同じリップでは意味がありませんよね。
紫外線減少が出来る、薬用リップも売られているのでお客様善悪試してみてください。
また、乾燥するからと言って寝る前にリップを塗ってしまうといつまでも油分が口についてしまっています。
そうすることで、カサカサがジャンジャン進んでいきますので、だめ。
リップは直塗りを避けて、リップブラシなど各回清潔な物を使いましょう。
そうして、ここもしかしたら皆やるかもしれませんが、上下の唇を合わせて「んーまっ」ってしてしまいませんか。
これは、スレが生じてしまうので唇の素肌を傷つけてしまいますので、此度ずぐやめてください。
私もしてしまうことが、なかなかあったので皆さんも気を付けてくださいね。http://www.mwpga.org/