綺麗になる為に便所を活用しよう!便所の中でとれる「ながら美貌」

便所でお気に入りのコスメティックスや美マシーンに囲まれメーキャップをするのは女にとっては至福の間。それでも、それだけが美貌を制する間ではありません。少しの余地間を賢く使いケア出来るのが本当のプリティーだ。今回は便所に立ったまま見込める簡単な美法を紹介します。

  1. 舌をまわす美
  2. 舌を口の中でくるくる回すといった、外見の筋肉が鍛えられて小外見になったり、人肌ツヤがすばらしくなったりやる反響を期待出来ます。表現に10回ずつ便所に行く度に行えば、それだけでかなりの小外見効果があります。

  3. あいうえお美
  4. 口を激しく開けてあ・い・う・え・おの型を作ると外見の筋肉養成をする事が出来ます。勿論声に出す事は不要なので、便所も誰にも知られずに行う事が出来ます。

  5. スカルプのマッサージ
  6. 両手を活かし胸中をつかむようにして、表現頃に指の腹で動かしてマッサージするとスカルプ全体のOKを育成出来ます。スカルプって外見のスキンは繋がってるので、胸中のスキンがマッサージすれば外見全体の随分良くなり、人肌がイキイキとして来るのでしょう。

  7. 大腿の養成
  8. 便所に座り、膝の間にクロスやハンカチを挟んで内側に力を入れます。そうなると大腿の筋肉を使う事になる結果、大腿の筋トレをする事が出来ます。

  9. 肩甲骨の養成
  10. 便所に立ったときに両握りこぶしを肩からすごくまわすように決める。前と後ろを仲間7回ほど行えば、肩甲骨の近くが刺激されます。これで余分な脂肪が燃え易いコンディションを始める事が出来るのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です